TIKTOK広告について


皆さま、こんにちは(‘ω’)ノ

連続での投稿になりまーす!!


本日は【TIKTOK広告について】記事を書きたいと思います(*’▽’)


■TIKTOK広告とは



一言でいうと『ショートムービーSNS』になります。

※某俳優の、〇坂桃李が”ちっくたっく”とラジオで読んでいましたが、 正しい読み方は”ティックトック”です。

運営している企業はBytedance社という中国企業です。


▼脅威のDL数


TikTokは各国150ヵ国で利用され、アメリカの調査会社Sensor Tower社によると、 2018年第1QでのApp Storeのダウンロード数はNo.1です。

世界の利用者数:5億人超 1日平均起動回数:43回 1日平均視聴時間:41分

一時期、『うざい広告』『動画SNS?』など巷で話題になりましたが
今やSNSを使う世代にとっては、当たり前になりつつあるTIKTOKです。

①TIKTOKの特徴


・BGM付き
・全画面ショートムービー

ユーザーは15秒で動画を撮影し、その場でエフェクトを使って動画編集ができ、
簡単に動画コンテンツを作成することができるのです。



②TIKTOKのユーザー層



2018年以降日本でも急激にユーザー層を伸ばしており、

全世界ではMAU1億人、
日本でも1.000万人MAUを達成しております。


国内では、女性が6割で年齢層も10代~20代と若年層が多いです。



③TIKTOK広告の配信枠は3つ


・アプリ起動時に全画面表示される「起動画面広告」
 └純広告枠  
  └起動時に全画面表示  
  └3~5秒表示
  └1日1社限定


・タイアップ企画型の「#チャレンジ」
 └純広告枠(タイアップ枠)
 └アプリ内コンテンツページ
 └インフィード広告や起動広告をパッケージ広告も含まれ



・おすすめ投稿に流れる全画面動画の「インフィード広告」
 └純広告/運用型
  └一番視聴時間の長い「おすすめ投稿」に表示
 └5~15秒ほどの全画面動画
 └音声必須
 └CPM課金/CPC課金
 └外部誘導を導線を設置できる

■ターゲティング機能について


OS・性別・年齢・時間帯・通信環境・オーディエンス・言語・地域



最後に!!!広告出稿において重要なこと
※※動画制作のコツ ※※

・表示領域を意識してコンテンツを作成しましょう。
・アイコンの位置やCTAの位置を意識して動画を制作しましょう
・広告音源は必須ですが、既存の音源は使用できません(商標上の理由)
 オリジナル楽曲を使用できるとさらに良いです!




今後のTIKTOK

今後TIKTOKはさらに拡大していき、広告配信枠としてはレッドオーシャンになります。 インスタグラムのようなビッグ媒体になっていき(既になっているかも。。)


利用するユーザーも今後増加していきます。

自社のサービスとユーザー層が、TIKTOKにマッチするのであれば 是非活用してほしい媒体の一つです。

ただ供給する動画によって良し悪しが分かれてしまいますので、

ユーザーが求めている動画やバズりそうな動画を企画・制作することから おすすめいたします!!

Contact us

新規顧客獲得・ウェブプロモーションに関してお困りの方はお気軽にご連絡ください。

More Detail

お電話でのお問い合わせ
平日 9:30~18:30